腰痛でお困りなら福岡市の整体院 來花-kohana- 福岡薬院店

ブログ

2020/06/12(金)

急なぎっくり腰!誤った対処法とは?

カテゴリー:ぎっくり腰, 坐骨神経痛, 脊柱管狭窄症, 腰椎ヘルニア, 腰痛, 院長ブログ

 

こんにちは。福岡市薬院で腰痛・肩こり専門の整体院 來花-kohana-の永田です。今日は朝から元気に整体院 來花でプロテインをばら撒き散らかした永田です。笑 皆さん、蓋はしっかり閉めてくださいね。笑 お陰様で院の床はいつも以上にピカピカです。^ ^

最近、ぎっくり腰の問い合わせが多いです。自粛期間中にソファでお仕事をして腰の負担が上がってしまったのが原因だと思うのですが、普段からケアをしていれば絶対にぎっくり腰は起きないのです。ただ、起きてしまったものは仕方ないです。ですので、今回は当院の患者様に多いぎっくり腰の誤った対処法についてお話しします。

 

1、腰を温める(湯船に浸かる)

ぎっくり腰は急性の炎症反応です。病態は筋・筋膜の損傷や関節炎など病態は様々ですが、簡単に言うと足首の捻挫が腰に起きている状態です。それを聞いてすぐに温めますか?当然、冷やすと思います。たまに誤って温めて増悪して来院される方がいますので注意です。また、炎症反応は3日間続くと言われていますので、その間はしっかり冷やして安静がベストです。

 

2、痛いからすぐに病院や整体院に行く。

早く治療院に行って、対処してもらいたい気持ちはわかりますが、場合によっては無理をしてまで動かすと逆に悪化してしまいます。動ける状態でない時はまず、横向きで丸くなって寝てもらいアイシングをして安静にしましょう。それからある程度動けるようになってからの方が腰の負担は少ないです。

 

3、痛みが無くなったら治療は終わり、数年後ペースでぎっくり腰の再発を繰り返す。

当院ではぎっくり腰の患者様は多いです。痛みを取るのは当然ですが、メインはこの先ぎっくり腰にならないための身体作りです。腰そのものの変形(腰骨が真っ直ぐ)がある場合は年齢が重なるに筋肉が落ちてしまうので発生頻度が高くなります。予防(ストレッチ・トレーニング)が必要不可欠です。

 

*整体院 來花-こはな-ではぎっくりに特化した評価・施術を行います。その他、何かキツイ、体がだるい(頭や身体が重い)、冷え、便秘、めまい、疲れ目、不眠、アレルギー……などもお気軽にいつでもご相談ください(^ ^)

整体院 來花は
薬院大通り駅徒歩5分、赤坂・平尾・浄水通りからもアクセス良好です♪

ご来院お待ちしております。

無料相談はこちら

整体院 來花は

薬院大通り駅徒歩5分、浄水通り・警固・平尾からもアクセス良好です♪

HP:fukuoka-kohana.com

アクセス:整体院 來花-kohana-

ご来院お待ちしております!

 

初回お試しキャンペーンはこちら

 

PS.

LINE@だけで公開!

役立つ腰痛情報をご紹介!

↓↓

・ 友 だ ち 追 加

 

 

ブログ画像

 

*腰痛でお困りのあなたのお悩みを聞かせてください!

 

福岡市で腰痛でお悩みの方はいますぐ

ここをクリック。

 

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回限定特別価格3,980円

本気で腰痛を改善したい方1日1名様限定割引

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-2330-1726

【受付時間】10時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。